第7期が開講しました!

信州たかもり熱中小学校の第7期の授業が始まりました!
今期は新たに4名の仲間をお迎えしました。
楽しく学び、活動していきたいと思います!

1時間目
大久保 昇 先生(㈱内田洋行 代表取締役社長)による理科の授業です。

博士も登場し 理科の実験。
空気砲、水素の爆発、ミジンコの観察・・・
ワクワク・ドキドキして、すっかりみんな7歳の目になっていました。

2時間目
坪田 知己 先生(情報哲学者/総務省地域情報化アドバイザー)による国語の授業。
坪田先生は日経新聞の記者をされていたそうで、相手に読みやすい文章の作り方を教えてくれました。


興味を惹きつけるような リード文を考える体験として、「他己紹介」のワークショップ。
5分間のインタビューから、相手のことを20字以内で表現する・・・
とても楽しい時間になりました!

授業後は、コロナも落ち着いてきたので久々に生徒を交えての懇親会。
先生方と、生徒同士と、いろいろ語ることができる貴重な時間でした!

信州たかもり熱中小学校について 80 記事
「もういちど7歳の目で世界を」をキャッチフレーズに日本全国へ展開を続ける大人の社会塾、熱中小学校。長野県内、また中部地方でも初の熱中小学校として開校したのが、私たち「信州たかもり熱中小学校」です。